腸活で体質改善とダイエットできた人のブログ

腸活で体質改善とダイエットできた人のブログ

長年、胃腸の弱さ、アトピー、便秘、痩せにくい事が悩みだった私が改善した道のりと日常。

ダイエットには腸活=酵素 80種のめぐみジュレ

ダイエットには腸活!

 

その場しのぎなダイエットサプリや、

無理な食事制限をした私にとって、

声を大にして言えることです。

 

Musu

 

とは言え、具体的な方法は?

と思いますよね。

 

つまりは腸内環境を改善する事なんです。

 

 

肥満とは

余分な脂肪がある状態

体内循環が悪い状態

余分なものを溜め込み易い状態

という事で、

 

腸は

大切な栄養を吸収してくれる場所

(※でも汚ければ吸収出来ない)

便を作って余分な物を排出する場所

(※でも汚ければ溜まり続ける)

第二の脳とも言われている場所

(※理由は多々ありますが、その一つとして神経伝達物質セロトニンが作られる、というのがあります)

という場所な訳です。

 

 

 

汚い場所にどんどん溜め込まれて、

詰まってしまう。

そしてダイエットに効く栄養や成分も吸収されずに無駄になる。

リラックスのセロトニンが少なくなり、

イライラし、余計に暴飲暴食になってしまう。

 

 

というような負のスパイラルが起こります。

 

 

…と書きながら、昔の自分にかなり当てはまるなー

としみじみ思いました(・・;)

 

 

 

 

なので、腸内環境を整えるのは必須なんです。

 

f:id:tyokatsu:20170604162903j:plain

 

 

検索魔な私が調べた&実績した結果、

効果があったのは

 

水をたくさん飲む!

腸を刺激する!

酵素を摂取!

 

という事3つ。

 

 

まず、水分摂取。

私の場合、水(普通に水道水(^-^;)を1日

1.5~2Lをちょこちょこ飲んでました。 

 

水を飲んで水太りとかむくむんじゃないか?

と思いましたが、むしろ逆です。

水分で便は出やくなって、お腹すっきり、

老廃物もしっかり排出される様で、

体もすっきりとしました。

 

 

次に腸への刺激。

これは本当に適当に( ̄□ ̄;)

寝起きやお風呂でお腹をマッサージ、

寝る前にお腹をツボ押し、

たまにお腹をねじったり反らせたり、

とその時出来る事をしました。

 

お腹というか、腸を揉むようにマッサージすると

詰まっている感じ(コリみたいな)が分かります。

ほぐしてあげると、後から腸がポコポコと動き出して

早くて30分後にはお通じが来ることもありました。

ねじる事でお腹の脂肪も刺激して

燃焼&くびれ効果もあって一石二鳥です。

 

 

 

そして最後に、酵素

腸をより良く且つ、良い状態を持続させて、

痩せれる栄養を吸収させるために。

 

有名ブランドのビオクラさんの

80種類のめぐみジュレ

はそれをしっかり満たしてくれてます。

 

 
f:id:tyokatsu:20170604173909j:image

高濃度の酵素含んでいて、

腸内環境を整え、その上酵素の力で消化吸収を助けてくれるんです。

 

 

説明によると

゙80種類の野草や果物・野菜を、1年の発酵・熟成期間を経て作られた

酵素ドリンクを更に4倍に濃縮して飲みやすくジュレタイプにしました"

腸のぜん動運動も活発になってくれるとの事。

 

 

 

ダイエット目的で出会って愛用するようになりましたが、

胃もたれ悪化期間にも出会えてたら!!

とかなり後悔してしまう位良いものです。

 

飲み始めて脂肪が分解されてるかのように、

体型もお通じもすっきり、

その上胃もすっきり爽快になってきたんです。

酵素って素晴らしい…

 

 

酵素って液体になってるのもありますが、

面倒くさがりな私には、この個包装が◎!

その上味も飲みやすくて、そのままでも美味しく飲めました。

ヨーグルトにかけて食べたりしても違和感ない味です。

 

 

 

 酵素サプリメントもありますが、液状やジュレ状のものの方が

効果が出やすい様に感じます。

 

 

あとこっそりですが

以前、超高価な⚫︎⚫︎酵素をお試しした事があるんです。

確かにこちらも速攻で胃にも腸にも効果が

出ました。

でも、⚫︎⚫︎酵素も80種のめぐみジュレも味、効果がほぼ一緒!

…あとは価格で比べるだけですが、

断然勝ちはビオクラさんです。

 

 

 

あと、私的にビオクラさんのほんわか&真面目な

ブランドイメージが好きです笑

 

 

 

 

と、こネタでおしまいです

ではまた( ^ ^ )/□